ひとりごと

2020年の十五夜はいつ?お月見をする意味や由来とは?

十五夜にはすすきを飾り、お月見団子を食べながらお月見をする

と、することはわかっていても、どうしてそれをするのか知っていますか。

月が一番綺麗に見える日だから

と私は思っていたのですが、どうやらそれだけではないようです。
十五夜の日のお月見は、どういう意味で行われているのか。
2020年の十五夜はいつなのか。いろいろと調べてみました。

2020年の十五夜(中秋の名月)はいつ?

旧暦の8月15日が十五夜です。
が、今は新暦なので毎年十五夜の日が変わってしまうのです。

2020年は10月1日(木)が十五夜です。

平日なので忙しいかもしれませんが、空を見上げてみてはいかがでしょうか。
晴れていれば、いつも以上に綺麗な月を見ることができます。

十五夜のお月見とは

お月見をする十五夜の日のことを、「中秋の名月」とも呼びます。

十五夜とは、旧暦の毎月15日をさします。
新月(月がない夜)から満月になるまでの日数が大体15日かかり、旧暦の15日は大体満月だったのです。

そして中秋の名月とは、空が澄んで月が一番綺麗に見える日をさします。
秋頃は、その条件が一番揃っていました。旧暦では8月15日が中秋の名月の日だったようです。

十五夜の別名、中秋の名月とは

なぜ中秋の名月と呼ばれているのか。

旧暦の7月8月9月が、今でいうところの秋と呼ばれていました。

旧暦8月は秋のちょうど真ん中にある月なので、旧暦8月15日の月を中秋の名月と呼ばれるようになりました。

現代では中秋の名月の日のことを十五夜とも呼んでいる場合が多いですね。

十五夜(中秋の名月)お月見の意味

十五夜の日にお月見はなぜ行われるのか。これは平安時代にまでさかのぼります。
昔から月は神聖視されており、貴族の間では月を見ながら酒を飲み、風流を楽しむことがあったようです。
そんな平安時代に、中国から十五夜のお月見の風習が伝わってきました。

貴族たちは十五夜の日に月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しをしていました。
ただ空にある月を眺めるのではなく、水面や酒に映った月を愛していたのです。

それが江戸時代には庶民にも広がりました。が、庶民たちは風流を楽しむというよりも、月は作物の成長と共に満ち欠けることから、作物にとって縁起が良いものと認識していました。

庶民たちは月が一番綺麗に見える中秋の名月の日に、月にお供え物をすることで豊作を感謝、または豊作を祈る祭りごととしました。
それが現在ではお月見として残ったのです。

お月見の日に食べるお月見団子

お月見団子は、月へのお供え物でした。
ではどうして団子をお供えしていたのか?

昔は収穫された芋類や豆類をお供えしていました。
しかし江戸時代の後期に、五穀豊穣の感謝を込める意味で収穫したお米でお団子を作ってお供えするようになったのです。

形も月の形を表しているので、お月見団子は主流となりました。
丸いお月見団子を食べることによって健康や幸せになれる、魔除けの力があるといわれています。

ですが、現代ではいろんな形のお月見団子が作られているようですね。
風習は少しずつ変わっていくものですから、こういう形のお月見団子もありだと私は思います。

お月見の時に飾るすすきの意味

お月見の際に飾られるイメージのあるすすきですが、なぜ飾られるのでしょうか。

すすきは秋の七草の一つで、魔除けの効果があると言われています。飾った後は軒先に吊るす良いという風習もあるようです。

また、すすきは稲穂に似ていますよね。
稲穂があまり収穫できなかった際に、稲穂の代わりとしてすすきを飾ってお供えすることで、豊作を祈っていたのです。

月の神様をお招きする依り代として供えられていました

すすきを飾っている理由は、多くありましたね。

十五夜(中秋の名月)はいつも満月なのか

十五夜の日は必ず満月というわけではありません。
今年も一日ずれていて、満月は10月2日(金)なんです。

これは月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準としている新暦との違いにより、どうしてもズレが出てしまうのです。

実は十五夜だけでなく十三夜がある!?

実はお月見をする日は、十五夜だけではなく十三夜という日にも行っていたのです。
旧暦では9月13日で、こちらもまた十五夜同様に秋の収穫を祝っていました。

また、十五夜にお月見をしたら、十三夜にもお月見をしないと「片月見」といわれ縁起が悪いと信じられておりました。

詳しいことはこちらの記事に書いてあります

https://nmfto.net/juusanyaituimi/

十六夜という言葉を聞いたことありませんか?

十五夜、十三夜ほど重要というわけではありませんが、十六夜(いざよい)という日もあります。
なんか言葉だけ聞いたことあるな、と思う人もいると思います。

詳しいことはこちらの記事に書いてあります

https://nmfto.net/izayoiituimi/

十日夜、調べるまで全く知らなかった日

十五夜、十三夜、十六夜を調べてみると、十日夜という日も出てきました。
上記の三つ以外の日があるとは思わず、結構驚いたものです。

お月見がメインの日ではないのですが、昔はとても重要な日とされていました。

詳しいことはこちらの記事に書いてあります

https://nmfto.net/toukanyaitujuugoyajuusannyaimi/

【2020年の十五夜はいつ?お月見をする意味や由来】まとめ

・2020年10月1日(木)が今年の十五夜(中秋の名月)
・月にお供え物をすることで豊作を感謝、または豊作を祈る祭りごと

十五夜のお月見には、多くの意味がありましたね。
時間があれば月を見る場所に台を用意して、月見団子やすすきを飾って、家族みんなで月を楽しんでみてはいかがでしょうか。

忙しければお月見団子だけでも、月を見ながら食べてみるのもいいかもしれませんね。

ABOUT ME
みぞれ
ブラック企業で事務仕事を5年ほどしていたみぞれです。 心身ともに疲れ果て、実家に引きこもって療養しながら、稼げない在宅業務をちょびちょびとやっています。 このままじゃだめだと思いブログを開設。 「”自”分で生”活”できるよう」に、いろいろまとめたり挑戦したりするブログです。