読書&書評

【書評】読書の満足感を損なわない速読、「年収が10倍になる速読トレーニング」

みぞれ
みぞれ
こんにちは、みぞれです

皆さんは速読って聞いてどんなイメージを持ちますか?

  • 10分で本一冊読めるようになる
  • ある程度本のあらすじを言えるようになる
  • ただ読み飛ばすのですべての内容を理解はできない

私はこのように思っていました。

でも、速読で本当にやりたいことってこれですよね?

1冊10分程度で内容をすべて理解して読みたい

読んだ本のあらすじが言えるだけではなく。本の考察ができるほど、内容を理解したい。

なのは
なのは
そんなの無理じゃない?

みぞれ
みぞれ
なんとこの著者350ページの本を5分で読んだって
どうやったのか気にならない?

そこに隠された秘密とは、どうしてそれができたのか?

まだ諦めたくない、速読の最終到達地点を目指して!

苫米地英人さん著書の「年収が10倍になる速読トレーニング」を読ませていただきました!

年収が10倍になる速読トレーニング

「速く読めて内容も理解できる究極の速読術」と表紙で謳っている苫米地英人さんは、認知科学者でありカネーギーメロン大学博士でもあります。

この本では、今までわたしたちが学んできた速読のやり方を否定し、ご自身が大学院時代に実際に行った速読の方法など、今までの速読とは全く違うやり方、トレーニング方法までまとめられています。

  • 速読に必要な考え方
  • 速読のトレーニング方法(複数)
  • なぜこの方法で速読できるのか
  • トレーニングをすることで何が起きるか
  • 年収を10倍にするヒント

などが載っており、今までのフォトリーディングや、キーワードリーディングなど、今までの速読本で満足できなかった人におすすめの本です。

ではここから、私がこの本を読んで何を学んだのか紹介していきたいと思います。

苫米地英人さんの著書
created by Rinker

速読という技術にとらわれ過ぎて知識を取りこぼさないこと

速く読めたら速く読めるだけ、知識を速く吸収できると思っていました。

しかしそれは間違いだったのです。

みぞれ
みぞれ
まずは読書を楽しむことが大切!

速読術を使って1冊5分で本が読むことに成功しても「読者を満足させない」読み方になってしまう。

速く速く読もうとすると、脳が大事な知識を取りこぼしてしまうのです。

確かに、昔別の速読術の本を読みながら、その本で速読を試したことがありました。

でもあまりその時の本は覚えていません。読んでも満足できなかった。

だからこそ、正しい速読術を覚えて効率よく!と思い、本をいっぱい読みたいと思った時には速読本を読んだりしていました。

みぞれ
みぞれ
そのたびに、読書自体を挫折しました。。。

それは、私は本を読んでも満足感を得られず、他の本を期待すら持てなくなっていたのでしょう。

私はあまりにも、つまらない読み方をしていたんだと実感させられました。

ただ知識が知りたいだけなら、ネットで検索すればいい。

みぞれ
みぞれ
じゃあどうして本を読もうと思ったのか?

自分に問いかける前に、苫米地英人さんが答えてくれました。

著者は本を読むということは、著者と読者が一対一で向き合う行為

ネットの海では見つからない、自分の知的好奇心を満たす

そう、満たすためにはまず、いきなり1冊5分で読もうとせずに読み込むことが大切なのです。

みぞれ
みぞれ
私は速く知識を吸収出来れば、効率的だと思っていました

そうじゃないんだよと、この本でまず始めに速読の疑問と間違いを丁寧に教えてくれます。

それでいて、

(一)読書の理解度のレベルは、これまで通りの速度で読んで理解できていたものと同等レベルとします。

(二)読書時間は初期目標として六倍速を目指します

と、最終目標地点を明確にしてくれました。

他の速読本とは違い、目安となるものをこれほど言葉ではっきりと言ってくれる。

3時間かかっていた本は、大体30分で読み終わる。

こう聞くと、十分速読できていると思いませんか?

1冊5分よりも十分現実的です。

そして耳寄り情報なのですが……なんと、読書量と年収が正比例しているとデータが出ているのです!

読めば読むだけ年収が上がりやすくなるのです。

みぞれ
みぞれ
これだけで俄然読書をする気になりませんか?

私はもちろんなりました!

350ページを5分で理解するには知識と思考能力がいる!

みぞれ
みぞれ
でも、苫米地英人さんって350ページを5分で読んだんでしょ?やっぱり速く読む方法はあるんじゃないの?

と疑問にも、きちんと答えてくれました。なぜそんなことができたのか?

書かれている知識をあらかじめ知っていたからです。

知っている用語や説明がまとめられた本。もとから知っていた情報。

著者が何を伝えたいか高い思考能力で読み解きました。

それなら読み込む必要がありません。

さらっと目に入れて、どういう内容が書かれていたか把握するだけでいい。

350ページかけて著者が何を伝えたかったのか。

「知識があれば、5分でそれを理解して記者とその本について対談もできる」ということです。

この実体験とともに、知識と思考能力がなければ速読ができないという、残酷な事実を突きつけてきます。

みぞれ
みぞれ
だから速読術ばかりにとらわれるなって疑問と間違いから話たんだよね

知識と思考能力は一朝一夕では身につかないでしょう。

だから、まずは時間をかけてでも本の内容を理解して、知識を付けて、読んでいくことが大切なんだと思うばかりです。

速読に必要な知識の身に着け方や、思考能力の上げ方、単純に速読に必要な技術面を詳しく書いてくれました。

知識はわかるけど思考能力が速読になぜ必要なのか

みぞれ
みぞれ
本をスムーズに読むうえで知識はまあうなずけるのですが、どうして思考能力がいるのか?

それは知識と知識をつなげるのに、考える力が必要だからです。

知識だけなら、現代ではネットで調べるだけである程度の知識は出てきます。

その知識をいかに関連付けてイメージを引き出せるか。

これは思考能力がないとできないのです。

著者が言うには、「共感覚のようにイメージでき、ハイパーリンクのように知識を引き出せれば、読書をスムーズに行うことができる」

これは読書にだけじゃなく、他のことにも有用だと読んでいて感じました。

みぞれ
みぞれ
私はまだ単語を見てイメージするのが難しいです。。。

これもトレーニング方法があります。

よく外食する方は、よりやりやすい実践方法です。

それだけでなく、絵本や写真集を持っている方も訓練しやすいと思いました。

あいにく、私は出不精ですし絵本も写真集も持っていなかったので、パソコンで代用しようかなと考えています。

二種類ある速読術や、速読術として間違っていたリーディングの使い道

  • 内容を素早く理解するための速読術
  • 読まなくてもいい本を見つける速読術

この二つの速読術を駆使することで、より速く、より必要な知識を入手しやすくなります。

私としては、読まなくてもいい本を見つける速読術に興味が出ました。

ゆっくり本を読むにしても、それが別に読まなくてもいい本だったら損した気分になるでしょう。

そしたらまた、本を読む気がなくなるかもしれないと思ったからです。

この二つの速読術を知っておけば、ある程度効率よく本を読むことができます。

そしてうれしいことに、トレーニング法は複数あり、目の運動とかではなく。

読むときに意識すること、そして日常生活で意識して行動するだけで。

読むスピードが上がるとありました。

みぞれ
みぞれ
トレーニング方法は、納得するものからまだ実感できないものまで様々!

ただそれは、フォトリーディングのように1秒で次のページに行くという方法や、キーワードリーディングのように一部の単語が出てきたときの前後の分だけ読む。

といったようなものとは全く違っていました。

ただ、その速読術を否定するだけでなく、むしろその二つは「読まなくてもいい本を見つける速読術」として使い道も示してくれたのです。

フォトリーディングやキーワードリーディングを今まで使っていた人にも必見です。

みぞれ
みぞれ
間違いと無駄じゃ意味はかなり変わってきますからね

速読以外の話、年収10倍って実現するのか

年収10倍の具体的な方法は書かれてはいません。

ただ、本を読み続ければ年収を10倍にする道筋を立てやすくなる。

ヒントや、考え方、年収を10倍にすると言いながらもお金にこだわらず自由に生きてほしいなど。

いろんな本を読んで、それができるようになってから、もう一度読みたいと思います。

みぞれ
みぞれ
実はここら辺はあまり頭に入ってきていません

著者である苫米地英人さんが何を伝えたかったのか、あまり理解できませんでした。

自分のやりたいことが浮かんで、それについていい方向に考えが向いていく。

そうすることで仕事が順調に進んだり、やりたいことが見つかってそれに突き進むことで、年収が上がっていくというような話だと思いました。

まだ、内容を理解できない部分もありました。

自分の視点だけで見ているので、本当に伝えたいことがこれなのか正解も分かりません。

違う人が読めば、また違う視点でこの本から何か学ぶことができると思います。

速読だけじゃなくて、本を読み続けることで得られるものや、考え方。

難しいのもそうですが、まだそれに至る知識が足りていないのでしょう。

知識が身に付き、思考能力でイメージ力を上げて、視野を広く高く持つ。

みぞれ
みぞれ
私はもう少し知識を身に着けてから、また読みたいと思いました

「年収が10倍になる速読トレーニング」を読んで実際速読はできるようになったか

みぞれ
みぞれ
まだ実感はわきません

ただ、その速読方法を使うと集中できるのか、他のことを考えず本と一対一で向き合っているような感覚になるのです。

ふと夢中になって読んで、気が付いたらもうここまで読んでいた。

速読をしていても読書を読んだ満足感を損なうことなく、知りたいと思った情報を読むことができました。

わからないと思った単語をなーなーにせず、理解したいと思って調べる。

みぞれ
みぞれ
そして面白いと思ったり、さらに理解したいと思ったらもう一度読む

一回目に読んだ時よりそういうことかとも内容がスムーズに入り、「はじめに」で話していたのはそういうことかと著者の伝えたいことが知れてさらに楽しくなる。

そして気づかないうちに、知識を得て理解をして教えてもらった速読トレーニングをして、読むスピードを意識しなくてもいつの間にか速く読めるようになるのでしょう。

「速く読む」こ目的とせずせず、「本を読む」ことにどこまでもおもきを置いた速読術でした。

【年収が10倍になる速読トレーニングを読んだ概要と感想】まとめ

  • まずは速読を意識せず読書を楽しもう
  • 速読するには知識と思考能力が必要
  • 速読は二種類あり、それを駆使することで必要な知識を入手しやすくなる

2回、3回と読んで著者の苫米地英人さんが言いたいこと、伝えたいことをきちんと理解したい本でした。

これ以外にも、苫米地英人さんは多くの本を出しているので、他の本も今度読んでみようと思います。

みぞれ
みぞれ
また、有用なトレーニングなので、今までの速読術で読書に満足感が持てない人は、ぜひ読んでみて下さい!

私のように間違った速読術を使って、読書に満足感を持てないまま読むのを辞めてしまうのは勿体ないです。

まだ読書に慣れていない、あまり本を読んだことない人でも、トレーニングやどうしてそのトレーニングをするのか、その説明部分だけはわかるはずです。

本当に、ある程度早く、読書をすることができます。

みぞれ
みぞれ
速く読もうと、読書という目的を見失うことなくトレーニングもできるので、ぜひこの本を読んでみて下さい!

苫米地英人さんの著書
created by Rinker

▽本を読むのにおすすめ▼

最近まで本で知識を得るにはお金がいるじゃん、と思ってた私ですが。

実はプライム会員だと、特典でKindleストアの本や漫画、

約1000冊以上を無料で読めちゃいます!

みぞれ
みぞれ
この本も実質無料で読んでます!

プライム会員は他にも様々な特典があります。

  • アマゾンストア商品送料無料
  • プライム会員限定先行セール
  • プライムビデオの対象映画、アニメ見放題
  • アマゾンミュージック200万曲聴き放題etc.

年間4,900円(月408円)、月額500円ですべての特典を使えます。

どれか選ぶのではなく、すべて使えるんです!

詳しくはこちらのボタンを押してください。

Amazon プライム 無料体験はこちら

上記のプライム会員特典に興味ない、本だけ読みたいのならKindle Unlimitedがおすすめ!

小説や漫画、雑誌など200万冊以上読み放題!

詳しくはこちらのボタンを押してください。

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

ABOUT ME
みぞれ
「自活を目指す みぞれ折々まとめブログ」に来ていただき、ありがとうございます。管理人のみぞれです。 ブラック企業で5年も働いてしまい、今でも自律神経がダウンしています。 そんな20代後半独身女性が「自分らしく生活を折々と目指す」ブログです。 現在も実家で療養しながら在宅業務中です。 ゆとりをもって自分らしく生きれるよう、買った物や挑戦したことをブログにまとめていきます。