ライフスタイル

病院のお見舞いで花は禁止!?理由は?何を持って行けば良いのか?

入院中の人にお見舞いの品を持って行こう、と考えた時にあなたは一番に何を思い浮かべますか?私はお花を思い浮かべました。

ドラマなどでもよくお花を持って行くところが映りますよね?ただ、病院では生花を禁止しているところもあるのです。

もちろん、禁止していないところもありますが、場合によっては禁止になっていなくとも、生花を持って行かない方が良いこともあります。

今回は、なぜ病院ではお見舞いの品で生花をお断りしているのか、その理由と、それ以外なら何を持って行けば良いかなどをまとめました。

病院でお花を禁止している理由は?

病院で生花が禁止になってきている理由は、実は生花や花瓶の水などの緑膿菌(りょくのうきん)が、患者に感染する可能性を危惧してのことです。

人、動物、土の中、水の中など、多かれ少なかれ菌はどこにでもあります。自然のあらゆるところに存在するそれらの菌を、緑膿菌といいます。

健康な人間であれば、この緑膿菌は無害ですが、免疫が著しく低下している際に、緑膿菌に感染してしまうと、呼吸器感染症や尿路感染症、菌血症や敗血症など恐ろしい病気の発症につながってしまう可能性があるのです。

また、この緑膿菌は抵抗力が強く、消毒薬や抗生物質などあまり効かないため、感染を防ぐのも、罹った際の治療も難しいといわれています。

と、言いましてもほとんどの患者はこの緑膿菌に負けることはありません。さらに言えば、繋がる可能性があるだけ、生花が原因で病気になったなどの事例もないのです。

ただ、免疫力が極端に低下している集中治療室や血液内科病棟などへ生花を持ち込みのは、もともとあまり推奨されていないようです。

また、生花の管理を患者や看護師がしなければいけないので、そういう面で迷惑をかける可能性があります。花瓶も割れたりすると危ないですしね。

生花オッケーの場所でも、緑膿菌に注意を払っているところは、看護師が毎度ゴム手袋をつけて、患者が使わない水道まで行って、水を変えたりするのだとか。

毎日お見舞いに行けるから大丈夫、と思っていても他の患者のこともありますので、病院に指示に沿って管理しないといけないかもしれません。

そもそも体調によってはお花のニオイが駄目、と感じる人もいるようです。個室なら良いかもしれませんが、他の患者がいる部屋だとこういうことも考えないといけませんからね。

まあ、つまり最近では生花のお見舞いは、病院側としてはおすすめされなくなってきた、という感じですね。

お見舞いの品物は何を持って行けば良い?

さて、ではお花以外では何を持って行けば良いのでしょうか。その場合に考えてほしいのは、もし自分が入院したら何が必要か、というところです。

生花の次に想像できるフルーツやお菓子、というのも良いかもしれませんが、フルーツなどは量が多いと負担になってしまうこともあります。さて、なら手軽に持って行けて喜んでもらえそうなものは何でしょうか。

飲み物や食べ物

ペットボトルなどの飲み物や、ふりかけなどの保存が手軽にできる食べ物などは、食事制限がない患者にとっては嬉しいんだそうです。

あまり動けない方ですと、飲み物を買いに行くのも一苦労です。そういう時にペットボトルの飲み物があれば便利ですよね。これは食事制限の物が含まれていなければ、あげても問題ありませんしね。

それと一緒にペットボトルの蓋などを開けやすくするキャップオープナーがあるとより良いですね。開けられなかったら飲めませんしね。

また、病院食は味付けなど薄めなので、どうも味気なく感じるようです。食事制限がされていない患者であれば、食べ物なども渡して大丈夫ですので、ふりかけなど食事に使えそうなものを渡すと喜ばれるようです。

日用品などの小物

パジャマやスリッパなど、入院が長引きそうだと連想させるものではなく、もっと小さなもので大丈夫です。

リップクリームや保湿パック、耳栓やアイマスク、水がいらないドライシャンプーなども良いでしょう。

病院って結構乾燥しているので、保湿系のアイテムも嬉しいんです。先ほどの飲み物をオススメしたのも、病院が乾燥していて喉が渇きやすいからです。

また、寝る際に看護師の見回りで起きないように、耳栓やアイマスクなどはあると便利に思ってくれるでしょう。

入院中はお風呂に入れない時もあるので、そんなときにドライシャンプーを持ってきてくれたらすごく嬉しいですよね。

暇つぶしできる物

入院中はやることがなく、結構暇なのです。なので、本や雑誌などの暇が潰せるものを持って行くと喜ばれるでしょう。

病院の許可が貰えれば、音なしでパソコンや携帯ゲームなどもできるようなので、相手に暇つぶしに何がしたいか聞いてみるのも良いかもしれませんね。

ただ、個室でないのならあまりカチカチと、操作する際に音が鳴る物はおすすめできません。

どうしてもお花を贈りたいときは?

そんなこと言われても、その子はお花が大好きだから、どうしてもお花を持って行きたい!という方はまず病院で確認するようにしましょう。
それでもし、生花がオッケーであるのなら菌の繁殖を抑える切り花栄養剤を利用するのをオススメします。

sponsored link

これを使うと菌の繁殖を抑えるだけでなく、お花が長持ちするんです。ただ、水は替えなくて良いと書かれているかもしれませんが、水はきちんと替えた方が良いです。

菌の繁殖が通常よりは抑えられるので、気休めかもしれませんが、使わないよりは使った方が良いという感じですね。

で、生花NGであった場合でも、お花を模した物であるのなら大丈夫なようです。ただ、個人的にはブリザードフラワーはおすすめできません。それは後程説明します。

お見舞いにNGなお花は?

元来から、お見舞いに持って行くのは縁起が悪く失礼にあたる花があります。理由と一緒に説明していきますね。

菊・小菊

菊などは、告別式を連想させるので、縁起が悪く、お見舞いのお花には適していません。

シクラメン

語呂が「死」と「苦」なので、縁起が悪く、お見舞いのお花には適していません。

椿

椿などは、花の落ち方が首から落ちるので、縁起が悪く、お見舞いのお花には適していません。

百合など匂いがキツイ花

これは先ほども言った通り、体調的にお花のニオイを嫌がる人がいるからです。

バラなどの赤い花

綺麗ですが、薔薇などの真っ赤な色は、血を連想させるので、縁起が悪く、お見舞いのお花に適していません。

鉢植え

こちらも「根がつく」が「寝付く」と同じ発音のため、縁起が悪く、お見舞いには適していません。

お見舞いに適したお花は?

病院で特に規制がないのであれば、相手の好きなお花を持って行くのが良いでしょう。できれば明るい色の方が好ましいですね。
そしてすぐに飾れるミニバスケットであれば、手間も少ないでしょう。花束が良いのであれば先ほどもいったように、切り花栄養剤を用意してあげるといいかもですね。

もし、病院で生花を禁止しているのであれば、花を模した物を持って行ってみましょう。
ただ、先ほどもいったようにブリザードフラワーは綺麗ですが、お見舞いの品にはあまりおすすめしていません。

ソープフラワーですと、ブリザードフラワーとは違い石鹸の香りがします。アロマもあるようですが、個人的には万人受けする石鹸の香り方が良いと思います。

手間もかからず、ずっと残しておくことも可能ですし、お湯をかければすぐに解けるなど管理も楽です。
ただ、染料を使っているので普通の石鹸としては使えません。が、入浴剤として使えるものもあります。

入院生活が辛い方への配慮

お見舞いの品物は、ブリザードフラワーなどのようなずっと残っているようなものじゃなくて良いのです。

入院中の生活が辛くて、思い出したくないと感じる方もいます。そういう方に、入院中に渡した物が形として残るのは、見るたびに辛いことを思い出させてしまいます。

だからこそ、見ていて心が癒されて、でもずっと残る物ではない生花が、お見舞いの品として使われているのでしょうね。

だからもし、生花以外を持って行くのであれば、ずっと残る物ではない方が、患者としては有難いのかもしれませんね。

まとめ

どうでしたでしょうか。何を持って行こうか決まりましたか?

お見舞いに行くときは、可能なら事前にお見舞いに行って良いか確認しましょう。また、手術後などはすごく疲れるので、無理にお見舞いに行かない方が相手のためになります。

紹介したお見舞いの品は地味かもしれませんが、派手な物よりも相手が喜ぶものを渡すのが一番だと思います。自分がもし入院したときに、持ってきてもらえたら嬉しい物を選んでみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。