ライフスタイル

ハッカ油は虫除けだけじゃない!ハッカ油の効能と効果とは!?

ハッカ油でどのように虫除けできるのかを前回いろいろ調べていると、ハッカ油はどうやら虫除け以外にも様々なことに使えることが分かりました。

そしてハッカあぶらじゃなくて、ハッカゆ、と読むことも判明して内心焦っています。あぶらの方が語呂が良い気がするんだけど、まあそれは置いておいて。

虫除けだけの目的で買うのはなぁ、と思っていたので、ハッカ油にはどのような効能と効果があるのか、どんな使い方ができるのか調べてみました。

関連記事:ハッカ油で虫除けスプレー!作り方は?万能なの?調べてまとめました

ハッカ油の効能と効果

ハッカ油にはさまざまな効能があります。ざっと簡易的にまとめるとこのような感じです。

・抗菌作用
・消臭
・虫除け
・覚醒作用
・清涼感、リラックス効果など

虫除けだけではなく、抗菌、消臭で掃除にも使えますし、匂いで覚醒作用が働き、眠気を覚ますこともできます。
また、ハッカ油というだけあって使い方次第ではミント特有のスッとした涼しい感覚を得ることもできます。そしてこの匂いは心を落ち着かせてくれるんです。

これだけ多くのことに使えるんですね。正直、虫除けにしか使わないものかと思っていたので侮っていました。では、どのように使用することでどのような効果が得られるのでしょうか。

お風呂に

まずはお風呂です。使い方は簡単、湯船にハッカ油を3、4滴垂らして、混ぜるだけ。夏場の暑い時なんかでも、これによって清涼感が得られて湯船に浸かるのも苦ではなくなるでしょう。

また抗菌効果もあり、ミント特有の匂いに包まれてリラックスすることもできます。

また、シャンプーやボディーソープにハッカ油を1、2滴垂らして洗う、というのもあるようですね。髪に使うとサラサラになる効果もある、ようです。

ただ、入れ過ぎるとスーッとし過ぎて寒く感じることもあるかもしれませんので、そこは気を付けて下さい。

また、体感温度が下がっているだけで、身体はきちんと温まっています。ハッカ油で寒くなったからといって、夏場に無理に温まろうとすると熱中症になってしまうこともあるので、水分補給などはきちんとしておきましょう。

お部屋の芳香に

ハッカ油を重曹や岩塩などに数滴たらして、部屋に置くだけで芳香剤や消臭剤としての役割を果たしてくれます。また、虫などもミントの香りを嫌うので、部屋に入られることが減るのです。

匂いが薄くなったり消えていたら、ハッカ油を足すだけで良いですからね。数滴だからコスパでもありますね。

アロマセラピーにも使えるようなので、ミントの香りが好きな方はしてみるのも良いと思います。

ただし、猫や小動物などを飼っている、近所で飼われている家がある方はあまり使わない方が良いでしょう。猫や小動物にとってハッカ油(精油)は毒であり、体に害をもたらします。下手をすると死んでしまうこともあるのです。

関連記事:ハッカ油は猫や小動物にとって毒!危険な原因は?どんな症状が出るの

ただ、動物を飼っていないのであれば、様々な効果が得られる優れもの、といった感じですね。

紅茶やリキュールなどの香りづけに

紅茶やリキュール、後はクッキーなどお菓子を作る際にハッカ油を混ぜる、というのもありますね。これはきちんとハッカ油が食品表示されているものを使用してください。

また、一滴だと多いので、爪楊枝の先に少しハッカ油を付けてから、対象の物をかき混ぜる程度で大丈夫です。これだけで、ミントの香りとスッとした爽やかな味に変わります。

普段飲んでいる紅茶をミントティーに変えたり、アイスなどの味をちょっと変えて見たりなど、普段の味を変えるのにピッタリです。

ただ、使うたびに体調が悪くなったりした場合はアレルギーかもしれませんので、その場合は使わない方が良いですね。

臭い消しに

消臭は様々なことに使えます。制汗スプレーを作ってみたり、口臭を消すために水に数滴ハッカ油を混ぜ、それでうがいをしたりするのも良いみたいです。

殺菌作用もありますので、生ごみがある三角コーナーなどに、ハッカ油で作ったお掃除スプレーを使って、臭いを消す、というのもあるようです。

基本的には虫除けスプレーを作るのと変わりなく、精製水(水でも可)90mlに対して、消毒用エタノール(無水エタノール)10ml、最後にハッカ油を足して良く振ればスプレーの完成です。

sponsored link

制汗スプレーには5滴から10滴程度。ただの消臭スプレーが作りたいのなら、10滴程度で問題なく作れます。

ただ、お掃除スプレーの場合は、水の量を増やし(480ml)、クエン酸をティーンスプーン1杯入れ、ハッカ油を2、3滴、エタノールは変わらず10ml入れて、混ぜるとトイレや浴室などでも使えるようになるようです。

まあ人によって独自の配合があるようなので、いろいろ試しても良いかもしれませんね。
でもスプレーは10日以内に使い切った方が良いみたいです。自家製だけあって消費期限がちょっと短いですね。

また、ハッカ油の量を増やす際には、肌に付着しないようにしましょう。刺激が強すぎて荒れる場合があります。
虫除けの際にギリギリ20滴で入れているようなので、それ以上だと肌がヒリヒリして痛いんだと思います。

それとハッカ油はポリスチレン(PS)製を溶かしてしまうので、容器などはポリスチレン(PP)や(PE)、ガラス製のものを使用するようにしましょう。

関連記事:ハッカ油を別のスプレー容器に入れるときは注意!使える材質はこれ!

殺菌消毒に

雑巾掛けにお掃除スプレーを使う、または雑巾を浸ける水に数滴ハッカ油を垂らすと、消臭と抗菌効果できます。また、実はカビの発生を抑える効果がありますので、水回りにスプレーをするのも効果的。

フィルターのお掃除などにも、嫌なにおいを消してくれると思うので、結構いろんな場面で活躍しそうですね。掃除した後には爽やかなミントの香りが部屋を包んでくれることでしょう。

ただ、ハッカ油は赤ちゃんや妊婦さん、乳幼児などには使用しないで下さい、とあるのでその場合は使用を控えた方が良いのかもしれません。

食べなければいいだけかもしれませんが、注意しておくに越したことはないでしょう。

眠気覚ましやリラックスしたいときに

ハッカ油は清涼感があるので、匂いを吸うことで心を落ち着かせることができます。多く使えば眠気覚ましになり、寝苦しい時に使えば清涼感でぐっすりと眠ることもできるのです。

また、鼻詰まりなどの時にマスクに数滴ハッカ油を含ませることで、スーッと鼻が抜けるような感覚になり、息が吸いやすくなるそうです。

肩こりや筋肉疲労の際には、数滴を直接身体に付けて、マッサージなんかも良いみたいです。

ただし、匂いを嗅ぐ際はハッカ油の原液が入っている瓶から直接、などは止めるようにしましょう。大量の原液だと刺激が強すぎるようです。

だから匂いを嗅ぐ際には瓶から直接、というのは止めましょう。

まとめ

虫除け以外にも様々なことに使えるハッカ油ですが、非常に燃えやすいようなので日陰の涼しい場所に、子供の手の届かない場所に保管するようにしましょう。
と、たぶんハッカ油の説明書に載っていると思いますので、きちんと目を通すようにしてください。

ハッカ油の量と使い方さえ間違えなければ、多くのことに使えるようですね。まあ、もともと肌に合わない人だったり、匂いが駄目という方もいるかもしれませんが、そうでなければ長いこと付き合っていられそうな商品だと思いました。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。