ライフスタイル

ハッカ油をスプレー容器に入れるときは注意!間違えたら溶けます!

  • ハッカ油でスプレー作ろうとしたらなぜか容器が溶けたんだけど!
    失敗すると容器が溶けるって聞いたから作りたいけど怖いです…

ハッカ油の原液を使って手作りの虫よけスプレーを作る人が増えています。

しかし、作り方を間違えてしまうと、容器が溶けてしまいます。

 

そんな怖いことが!?

みぞれ
みぞれ
でも大丈夫です!ポリスチレン(PS)だけ使わなければ溶ける心配はありません!

みぞれ
みぞれ
どうしてポリスチレン(PS)素材は溶けてしまうのか、溶けない素材は何か、解説していきたいと思います!

 

ハッカ油で容器が溶けてしまう理由

ハッカ油にはリモネンという成分が含まれており、それによってある材質のスプレーボトル、容器などは入れると溶けてしまうんですね。

溶けてしまうと容器がボロボロになり、ハッカの良い匂いもおかしな臭いに変質してしまいます。

みぞれ
みぞれ
しかも溶けて変質してしまった手作りハッカ油の虫除けスプレーは有害になってしまいます

買った容器もせっかく作ったハッカ油の手作り虫よけスプレーも、すべて使えなくなってしまいます。
 
みぞれ
みぞれ
容器を溶けてしまうポリスチレン(PS)以外の容器を買うようにしましょう!

ハッカ油を入れてもオッケーな材質はコレ!

まずはハッカ油を入れてもオッケー、使えるスプレーボトル、容器からご紹介します。

ハッカ油を入れてもオッケーな材質

  • ガラス
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリエチレン(PE)

 

上記の3つの材質は、ハッカ油を入れても溶けませんので安心してお使いください。

別のポリ系の中に溶けてしまう材質があるので、不安に思う方はガラスを使うのが良いかもしれませんね。
ただ、外出にはあまり適していないので、家用になってしまうかもしれませんが。

ポリ系を買う際には、きちんと裏側を見て材質を確認してから買うようにしましょう。

みぞれ
みぞれ
100均でも表記が載っているか確認してから買いましょう、安いからって確認を怠ってはいけませんよ

sponsored link

ハッカ油を使ってはダメな材質はコレ!

何度も言いますが、ハッカ油を使用する際に使ってはいけない、ダメな材質はこちらになります。

ハッカ油を入れたらダメな材質

  • ポリスチレン(PS)
  • 材質がわからない容器

 

使える容器と名前が非常に似ているので注意してください。

使って良いのはポリ“エ”チレンです。使ってはいけないのはポリ“ス”チレンになります。

みぞれ
みぞれ
ややこしいですよね。ス(S)が付くのは使ってはダメと覚えておいてください

スチレンが、ハッカ油に含まれるリモネンという物質によって溶けてしまうからです。

また、表記が書かれていない容器や、家に置いてある使っていない容器で、表記が書かれていないものは溶けてしまうかもしれないので使わないようにしましょう。

ポリスチレンの表記としては□マークにPSと書かれていたり、△マークに数字の6が付いていたり、後はスチロール樹脂と書かれている場合もあります。

【ハッカ油をスプレー容器に入れるときは注意!】まとめ

ハッカ油を入れてもオッケーな材質

  • ガラス
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリエチレン(PE)

ハッカ油は便利ですが、使い方によっては危ない時もあるので、きちんと調べてから使っていくようにしましょう。

上手く使えると、ハッカ油はとても効果のある虫除けスプレーになります。

みぞれ
みぞれ
外でも家の中でも使えるので、自分に合った使い方をしましょう

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。