ライフスタイル

部屋が寒くて嫌すぎる!そんなときの部屋の防寒グッズはコレ!

部屋が寒くてすごく困ってしまうことはないでしょうか。私は今、手がかじかんで文字が打ちにくいです。

暖房器具だって使えば電気代が馬鹿になりませんし、あまりそういうのを使わずに暖を取りたいですよね。

今回は、ドア、窓、床、隙間に使える部屋の防寒グッズをまとめてみました。

ドアの防寒グッズ

まずはドアですね。ドアは出入口なので場合によってはここから冷気が入ってくることがあります。そういうのをなるべく防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか。

隙間を塞ぐ

ドアの隙間を埋めることによって、廊下の寒い空気は入ってきませんし、温かい部屋の空気を廊下に逃がすこともなくなります。

テープタイプでも良いのかもしれませんが、賃貸などいつか家を出るときなど、それを剥がさなければいけません。結構テープが強固で、下手に剥がすとドアの板が少し剥がれてしまいます。

もしすきま用テープなどでドアの隙間を埋めている場合は、剥がすことがあればゆっくり剥がすと良いでしょう。

玄関と部屋を区切る

玄関と部屋の間にドアがない、繋がったままの部屋というのもありますよね。冷えた玄関から冷気が部屋まで届くので、なかなか温まらないと思います。

そんな時に、この暖簾で仕切ってしまえば部屋と玄関を仕切ることができ、温かい空気は逃げない上に冷たい空気が入ってこないのです。

玄関を開けてすぐに自分の部屋が見えるというのもなくなるので、インテリアとしても結構使えますよね。

窓の防寒グッズ

次は窓ですね。外が寒い日に窓に近づくと、窓から冷気が部屋に入ってきているのを感じると思います。そういうのを抑えるためのグッズは結構あるのです。

窓が多い家などは、特に防寒グッズで冷気の侵入を防ぎ熱を逃がさないための断熱を施すと、それだけで部屋はだいぶ温かくなるでしょう。

カーテンを工夫する

窓を遮るカーテンを変えるだけでも、結構変わります。このカーテンなんかは冬の断熱だけでなく、夏の太陽光による熱さもカットしてくれるんです。

まあ、窓から少し距離があるので、高い位置の窓などになると、カーテンの下から冷気が来るんですけどね。大窓などでは結構使える代物です。

窓にシートを付ける

窓にシートを張ることで結露を防止し、断熱にも使えます。目隠しにも使えるので、外からあまり見られたくない時にも使えます。

この製品は6か月を目途に張替えを推奨しているようなので、それは守った方が良いですね。

sponsored link

私はこれとは別の製品を窓に張り付けていましたが、まあ剥がしたときに糊が窓に残ってしまいまして、今窓専用のヘラでそぎ落としている途中です。

だから賃貸などではあまりおすすめしません。最終的に剥がさなきゃいけないので、剥がし方を先に調べてそれができるというのであれば問題ありませんが、面倒に思うのなら止めた方が良いです。

床の防寒グッズ

底冷えしていると足元がずっと寒いままということもありますよね。温かい空気は上に、冷たい空気は下に行きやすいので、そもそも床は冷えやすいのです。

だからこそ床の防寒グッズを使ってみましょう。それだけで下から冷気がくることも少なくなりますよ。

カーペットを敷く

ホットカーペットでも良いのですが、床にあまりいることはない、ベッドや布団にいることが多いという人はこっちでもよいのではないかと思います。

保温力が上がり、防音もあるので冬の間はこれを敷くことで冷えを減らすことができるでしょう。
まあカーペットで寝たいというのであれば普通にホットカーペットを探した方が良いとは思うんですけどね。

断熱ボードを置く

椅子に座っている時に足が寒いな、ということがありますよね。後は寝る時に顔回りが寒いなぁと感じることなど多いと思います。

そういう時にこれで足元など囲うことによって、冷気を遮断することができるんです。使わない時は畳んでしまえるというのも結構いいポイントだと思うんですよね。かさばらないし。

隙間を埋めるシート

隙間を埋めるシールというのは、ドアだけでなく窓や引き戸、木枠窓にも使うことができます。
粘着力が高いと剥がすことがある時はちょっと大変かもしれませんが、使うことによって隙間を埋めることができます。

賃貸でないのなら、あらゆる隙間という隙間を埋めるのも良いかもしれませんね。断熱だけでなく、音や花粉、虫や雨水などの侵入も防いでくれるようなので、年中使える代物です。

 

どうしてこんなにも部屋が寒いのか

外が寒いのはわかりますが、部屋までこんなに冷えるのかというほど冷えるときがありますよね。先ずはどうしてこんなにも部屋が寒くなるのか、調べてみました。

部屋が冷える理由は、外の寒い空気によって家の周り、屋根、床が冷やされるからです。

だからマンションのような集合住宅の方が、実は部屋は冷えづらいです。真ん中であればあるほど、部屋は冷え込まないのです。

まあそうは言っても寒い時はやはり寒いですよね。エアコンや他の暖房機器で温まればよいかもしれませんが、外気温と部屋の気温の差が大きければ大きいほど、部屋を暖めるために電気代がかかってしまいます。

だから夏のエアコンよりも冬のエアコンの方が電気代が高いということなんですね。節電という意味でも、部屋に防寒グッズを施すというのは、良いことなのです。

また、隙間風などの外気の侵入によって熱が逃げていきます。またドアや窓の近くなどは、熱伝導によってどんどん熱が外に逃げてしまうのです。

隙間を減らしたり熱伝導を防ぐために断熱性を上げることによって、部屋の暖かい温度をなるべく逃がさないようにすることも鍵になってきます。

気密性を高くすることによって、結露などの発生も抑えることができ、それによってカビやダニも発生させないようにできるというわけです。

【部屋の防寒グッズ】まとめ

と、防寒グッズを紹介していきましたが、いかがでしょうか。個人的には断熱ボードは引っ越しなどが急にきても持ち運びしやすいし使い勝手が良さそうだと思います。

粘着するものは、粘着力によっては剥がしづらかったり、逆にすぐに剥がれてしまう物もあるので、よくレビューなどを読んで確認した方が良いでしょう。

玄関ドアは特に鉄で熱伝導が高いので、冷えた冷気が入りやすいです。一人暮らしの方などはここを遮断しておくことが肝なのではないかと思います。

部屋を冷やさないようにして、この寒い冬を乗り切っていきましょう。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。