ライフスタイル

部屋の湿度の適正とは?湿度を下げる簡単な方法をご紹介!

湿度が高いと肌がジメジメするし、梅雨だと洗濯物が乾かなくて困ることも多いと思います。それに夏場だと、湿度が高いと蒸し暑く、熱中症にもなりやすいんです。

さて湿度はどのように管理したらよいのでしょうか。湿度の適正は?下げる方法は?今回は湿度についてまとめてみました。

湿度とは?

湿度とは簡単にいうと空気中に含まれた蒸発した水分量(湿気の量)のことです。なので湿度が高ければ高いほど、空気がしめります。

湿度は温度によって上限が変わります。温度が高ければ高いほど、湿度の限界点も上がり、下がれば下がるほど湿度の限界点も下がります。

冬に乾燥したり、窓が結露するのは湿度が上限を超えてしまい、水蒸気から水に戻ってしまうからです。

また、湿度は私たちの体感温度にも関係してきます。同じ温度でも湿度が高いと暑く(温かく)感じ、低いと寒く(涼しく)感じるのです。

それ故に、梅雨はジメジメと暑く感じるんですね。また梅雨の熱中症に注意とニュースなどで呼び掛けているのは、湿度が高いと汗が出ても、その汗が蒸発しづらいからです。

汗は蒸発することによって、体温を下げています。しかし湿度が高いと蒸発できずに液体のまま残ってしまうので、体温が下がりにくくなってしまうのです。

梅雨の時期に洗濯物が渇きづらいのも、湿度が高いと蒸発できずに液体のままそこに留まってしまうからです。

部屋の湿度の適正は?

そんな湿度ですが、適正な湿度はどれぐらいなのでしょうか。一般的には40~60%と言われています。

40%以下では、肌や喉、目などが乾燥しますし、インフルエンザなどのウイルスが活動しやすくなります。

また、60%以上になるとダニやカビが発生するようになります。季節によって注意したいところですね。

今回は、湿度が高い際にはどのようにして下げればよいのかご紹介します。

湿度を下げる簡単な方法は?

方法としては、8つほどあります。日常生活でよく使う物から、ちょっと工夫すれば良いものまで、いろいろご紹介したいと思います。

凍らせたペットボトルを使う

水などを7分目ぐらいまで入れて凍らせたペットボトル(2リットルだとなお良い)を部屋に置くと、その周りの空気が冷やされた、水蒸気が水滴に変わります。すると、ペットボトルに水滴がつくのです。

適度に水滴が付いたら、部屋から持って行って拭くなりしましょう。そうしなければ水滴が蒸発してしまい、湿度が戻ってしまいます。

凍らせたペットボトルと書きましたが、つまりは結露を発生させる冷たい物を部屋に置き、結露が増えたらそれを拭いたりして処理すれば良いのです。

もちろん、拭いた物をそのままにしていたら、蒸発して湿度が上がりますので、できれば別の部屋で行うのが良いでしょう。

窓を開ける

空気はある程度塊で動いており、湿気もその空気の塊ごと移動します。なので、部屋を閉め切っている場合は、窓を開けて歓喜をすることで湿度を下げることができます。

ただし、これは部屋よりも外が湿度より低い時だけです。雨の日などには効果がありませんし、逆に湿度が高くなるので、開けないように注意しましょう。

扇風機を使う

扇風機などを窓や換気扇から離れた場所に置き、スイッチを付けます。後は窓や換気扇に向かって扇風機を回せば、空気が循環するので湿気を部屋の外に出してくれるということです。

まあこれも、雨の日だとあまり効果がないかもしれませんね。

新聞紙、段ボールなどを使う

新聞紙は吸湿性が高いので、クローゼットやタンス、部屋干しなどの洗濯物の下に丸めておいたりすると、湿気を吸ってくれます。2~3日でしんなりしますので、そうしたら取り換えましょう。

また、段ボールも吸湿性があります。見えづらい家具と壁の間などに立てかけておくと良いかもしれませんね。
でも、完璧に隙間に入れるよりは、ちょっと飛び出している方が効果は大きいようです。こちらもしんなりしたら取り換えましょう。

sponsored link

重曹を使う

掃除などで使う重曹ですが、湿度に対しても活躍できちゃうんです。

重曹を瓶などの容器に入れて、ティッシュやガーゼなど風通しの良い物で蓋をしておきます。別に蓋をしなくていいと思ったら、開けたままでも構いません。

後はそのまま部屋に置いておくだけでオッケーです。効果は、空気に触れる面積が大きければ大きいほど、除湿効果が高まります。

大きな塊などが出来たら取り換え時です。そして湿度を吸った重曹は、そのまま掃除の際にも使用できるので、捨てずに掃除に使ってあげて下さい。

炭を置く

炭は除湿効果があります。そしてその湿気を吸った炭は、天日干しなどにして乾燥させると、また使えるようになるのです。

一番効果が高いのは備長炭のようですが……別に普通の隅でも効果はあります。キャンプなどで残ってしまった炭などでも大丈夫です。

ただ、お洒落な置ける炭なども増えているので、そちらを買ってしまうのも良いと思います。炭は除湿効果だけでなく、消臭効果もありますし、マイナスイオンの効果もあるようです。

除湿剤を使う

除湿剤は除湿の商品としてはこれが定番だと思います。クローゼットなどに入れたりしている方も多いでしょう。

この製品ではありませんが、私は取り換え忘れてクローゼットにカビを発生させてしまったことが……そういうことをしない限りは、とても使い勝手が良いのが除湿剤だと思います。

エアコンのドライ機能、除湿器を使う

ただ、雨の日の部屋干しなどでは、上記の物を使っても除湿が追い付かないこともあると思います。

その場合は、やはりエアコンのドライ機能や除湿器を使うのが一番早く乾くようですね。

うちも雨の日には洗濯物の近くに除湿器を置いて乾かしています。エアコンだと電気代が結構かかるので、洗濯物のすぐ近くにおける除湿器などが私としてはおすすめです。

うちは廊下の幅がなぜか広いので、部屋干しならぬ廊下干しばっかりするので、除湿器は重宝しています。

湿気を増やさないためには?

上記で対策を立てても、湿気がその分増えてしまったら意味ないですよね。湿気を増やさないために注意しておくべきことは何でしょうか?

雨の日に窓を開けない

先ほども書きましたが、雨の日は部屋よりも湿気が多く湿度が高くなる場合があります。その場合は窓を開けないようにしましょう。

お風呂場の戸を開けっぱなしにしない

お風呂を使った後の湿度は雨の日と同じぐらいになっています。近くで洗濯物を乾かしている場合は、戸を閉めて湿気がそちらに行かないようにしましょう。

換気扇を使う

雨の日以外で空気がこもっていると、高い湿度がそのまま部屋に残ってしまうことがあります。特に、料理やお湯を沸かした後は、換気をしておきましょう。

水槽や観葉植物を置かない

水槽や観葉植物は水分を蒸発させ、空気中の湿度を上げます。洗濯物を乾かす際などは、それらが近くにない方が良いですね。

まとめ

いろいろ紹介しましたが、時と場合によって使える手段が変わってくるでしょう。

まあでも、気持ち一番楽なのは炭や除湿剤な気がしますが、あまりにも洗濯物が乾かなくて苛立つのであれば、思い切って除湿器を買ってしまうのもありだと思います。

その他の方法も、梅雨のジメジメや夏場の熱中症対策として、部屋でやってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。