年に一度の行事

2020年の十三夜はいつ?十三夜とはどういう意味か?

十五夜の日には、すすきやお月見団子を用意して月を見上げてお月見を楽しむ日だというのは知っていると思います。
しかし、お月見は十五夜だけではなく、十三夜(じゅうさんや)の日にもお月見をするべきだと言われています。

十三夜とはいつにあるのでしょうか。
どういう意味なのでしょうか、調べてみました。

2020年の十三夜(後の名月)はいつ?

旧暦の9月13日が十三夜(後の名月)です。
なので、新暦になった今では毎年後の名月は違います。

2020年は10月29日(木)が十三夜(後の名月)です。

十三夜(後の名月)とは?

お月見をする十三夜(じゅうさんや)の日のことを「後の名月(のちのめいげつ)」とも呼びます。

十三夜とは、旧暦の毎月13日をさします。そしてお月見をする十三夜は、十五夜の約一月後に巡ってくる月のことを言います。

十五夜の旧暦が8月15日に対して、十三夜の旧暦は9月13日なので、確かに一月後ぐらいですね。

十三夜の月は、十五夜の月と同じほど美しい月だと言われており、とても大切にされておりました。

十三夜の別名、後の名月とは

なぜ後の名月と呼ばれているのか、旧暦の7月8月9月は、現代でいうところの秋と呼ばれておりました。

9月は秋の後の方になる月なので、旧暦の9月13日の月を後の名月と呼ばれるようになりました。

現代では後の名月の日のことを十三夜と呼んでいるようですね。

十三夜のお月見の意味

sponsored link

さて、十三夜の日にお月見は何故行われるのか。
十五夜は中国から伝わってきた風習ですが、十三夜は日本が独自に作った風習だと考えられています。

一説では、延喜19年(919年)に宇多法皇が旧暦の9月13日の月を愛でて「無双」と称したことから始まったと言われています。
また、同じ時代に開かれた観月の宴が習慣化したのではないか、とも言われているのです。

それが十五夜と同じように、秋の収穫を祝うお祭りになっていったようですね。
十五夜とはひと月ほど遅れて行うので、十五夜の頃に収穫できなかった栗や豆などをお供えしていたようです。

それ故に、栗名月や豆名月とも呼ばれています。

十三夜の特別な食べ物は?

十五夜と同じように、お月見団子だそうです。
それ以外だと、栗や豆などの食べ物を食べているようです。
炊き込みご飯にしたら美味しそうですね。

ただ、お月見団子はその日によって食べる数が違うのです。
十五夜の日には15個、十三夜の日には13個食べると、健康や魔除けに良いと言われています。

十三夜はいつも満月なのか

十三夜の月は満月ではありません。
しかし、十五夜の日よりも晴れる可能性が高く、十五夜の朧気に見える月よりくっきりと見えます。

少し欠けていても満月に引け劣らないほど、美しく見えるでしょう。

十五夜、十三夜のお月見は片見月はダメ!?

片見月とは、十五夜または十三夜の片方しかお月見をしなかったことを言います。
片見月とは縁起が悪く、お月見をするなら必ず両方しなければなりません。

十五夜の日にお月見をしたら、十三夜の日も同じ場所でお月見をしないといけません。

十五夜についての詳しい記事はこちら

2020年の十五夜はいつ?お月見をする意味や由来とは? 十五夜にはすすきを飾り、お月見団子を食べながらお月見をする と、することはわかっていても、どうしてそれをするのか知っていますか。 ...

今でこそあまり聞かない風習ですが、月を神聖視し秋の収穫を祝っていた昔ならではの風習ですね。

【2020年の十三夜はいつ?十三夜とはどういう意味】まとめ

・2020年十三夜(じゅうさんや)の日は10月29日(木)
・お月見をする十三夜の日のことを「後の名月(のちのめいげつ)」ともいう
・十三夜は日本が独自に作った風習で、十五夜と同じように秋の収穫祭のことをいう
・十五夜の頃に収穫できなかった栗や豆などをお供えしていた

十三夜のお月見は、日本の風習とのことで、どれだけ日本が月を愛していたのか伝わってきましたね。
十三夜の日は、十五夜と同じ場所で月を愛でるのはいかがでしょうか。

美味しいお月見団子をまた食べるチャンスでもありますね。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。