年に一度の行事

敬老の日を子ども向けに説明したい!とっておきの簡単例文をご紹介!

敬老に日、あなたは子どもに向けてどう説明しますか?制定された趣旨としては「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とされています。
かみ砕いて説明しても、どうして?なんで??と言われるかもしれません。

返答に困ってしまうような問いにも、なるだけ答えられるよういくつかの例文をご紹介したいと思います。

敬老の日ってなあに?

「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日だよ」なんて言えないですよね。これを子ども向けにしてみましょう。

例文
「敬老の日はね、おじいちゃんやおばあちゃんに、いつもありがとう、大好きだよ、これからも元気でいてね、って伝える日だよ」

と、優しく伝えるのが良いと思います。これだけで納得する子どももいるとは思いますが、ほとんどは「どうして?」「なんで?」と理由を聞いてくるかもしれません。

そういう日だからよ、と無理やり納得させるのも良いかもしれません。でも、できるなら由来や敬老の日ができた理由など子どもにわかりやすく教えたいですよね。

どうしてこの日なの?

敬老の日は9月の第3月曜日(2018年は9月17日)になりましたよね。ハッピーマンデー制度が導入されるまでは、9月15日で固定でした。

9月の第3月曜日に変わった理由などは「日本の偉い人が、私たちを続けて休めるように日にちを変えてくれたんだよ」と教えてあげれば良いと思います。

じゃあどうして9月15日であったのか、その由来をまずはおとぎ話のように説明するのが良いと思います。

どうして9月15日だったの?

敬老の日の由来は、2つあります。どちらも仮設なので、絶対それが由来だというわけではありません。

どちらか片方を教えるのも良いかもしれませんが、もしかしたら友達同士で由来が噛み合わないなんてこともあるかもしれません。

2つの由来の例文を書きますので、「理由は2つあるんだよ」と言ってから、1つずつ話してみてはいかがでしょうか。

聖徳太子説

この説は、聖徳太子が老人ホームを作ったのが9月15日だった説です。

例文
「昔々、聖徳太子というえらい人がいました。その人は、一人で暮らしているおじいちゃんやおばあちゃんがさびしくないように、おじいちゃんおばあちゃんたちが集まって住める場所を作ってあげたの。その場所を作ったのが9月15日だったのよ。それで敬老の日は、9月15日になっていたの」

と伝えるとわかりやすいと思います。

養老の滝説

sponsored link

この説は、元生天皇がある話を聞いて、9月下旬に養老の滝に訪れたからという説です。そのある話と一緒に、おとぎ話のように話すとわかりやすいと思います。

例文
「昔々、ある所に歳を取った父と、その息子が暮らしていました。息子は父のために懸命に働いていましたが、暮らしていくのが精いっぱいで、父の大好きなお酒をあまり買ってあげることができませんでした。

ある日、山で仕事をしていた息子は、足を滑らせてしまい山の谷間に落っこちてしまいます。すると、落ちた先で父の好きなお酒の匂いがしてきました。

不思議に思い、その匂いを辿ってみると、お酒の匂いがする滝を見つけました。その滝の水を持って帰り、父に渡してみれば、お酒の味がすると父はとっても喜びました。

その話を聞いて天皇が、9月の真ん中ぐらいに、その滝を見に行きました。

年老いた父を喜ばせたいという息子の想いが届いて、神様が滝を下さったんだと、その滝を見て感動した天皇は、養老の滝と名前を付けたのです。

この話が、敬老の日を9月の真ん中あたりにするきっかけになったと言われています」

聖徳太子の話より長いと思いますが、おとぎ話の方が覚えやすいかもしれませんね。

敬老の日ってどうやってできたの?

敬老の日ができた理由は、兵庫県多可郡野間谷村にて、「老人を大事にして、としよりの知恵を借りて村づくりをしよう」という趣旨のもとで、敬老会を開催したのが始まりでした。

由来の話を参考にし、また9月中旬は農業に手間がかからない期間だったので、9月15日を「としよりの日」として55歳以上を対象に敬老会を開催したのです。

その話が広まって、最後には国民の祝日にしようという働きがけがあり、1964年に9月15日は「敬老の日」になりました。

例文
「敬老の日はね、ある村でおじいちゃんおばあちゃんを大事にしよう、ありがとうって伝えたり、おじいちゃんおばあちゃんからいろんな話を聞こうって会を開いたの。

それが、いろんな村に広がっていって、日本全体に広がったんだよ。だから私たちも、敬老の日には、おじいちゃんおばあちゃんに、いつもありがとう、大好きだよ、これからも元気でいてね、って伝えるんだ」

と、伝えるとわかりやすいと思います。後は伝え方ですね。お手紙だったり、手作りのプレゼントだったり、子どもから貰えたらおじいちゃんもおばあちゃんもとても嬉しく思うでしょう。

敬老の日を子ども向けに説明したい!とっておきの簡単例文【まとめ】

敬老の日はね、おじいちゃんやおばあちゃんに、いつもありがとう、大好きだよ、これからも元気でいてね、って伝える日だよ

いかがだったでしょうか。由来や敬老の日ができた理由なども、これでわかりやすく説明できると思います。

もし、全てが伝わらなかったとしても、おじいちゃんとおばあちゃんを大事にして、ありがとうを伝える、という部分が伝わればよいのではないでしょうか。

ABOUT ME
みぞれ
みぞれ
当ブログの管理人、みぞれと申します。 以前していた事務仕事での経験や失敗談、日常的な疑問、太ってきてしまったのでダイエットに体力づくり、メンタルなどを鍛えたりしていく、そんな雑記を折々とまとめていきます。